転職相談











転職相談ランキング





































































リクルートエージェント







転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1









一般公開している求人・非公開求人含め・10万件以上の転職求人情報







※応募が殺到しすぎるお宝求人・企業戦略上一般公開できない重要求人・非公開にせざるを得ない魅力的な求人も多数)







各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介







求人の紹介だけではなく職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポート








リクルートエージェント 無料転職相談はこちら







http://r-agent.com/









まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT・スカウト機能を利用すれば企業から直接オファーがくる場合もあり







リクナビNEXT・無料登録はこちら













JAC Recruitment-ジェイエイシーリクルートメント-








英語を活かす仕事・外資系企業・海外への転職に強いJAC Recruitment Group




年収800万円以上の求人多数




650人以上のコンサルタントが転職をサポート




希望の業種・職種別に転職支援のプロフェッショナルがバックアップ




今すぐ転職を考えていなくても、今より良い求人があれば転職したい・時間がなく電話で面談したいなど




個人の希望に合わせたカウンセリングが可能







ジェイエイシーリクルートメント・無料転職相談はこちら






https://www.jac-recruitment.jp/












DODAエージェントサービス




転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した



専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、



万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス






DODA 無料転職相談はこちら






https://doda.jp/











パソナキャリア





正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から





キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス




業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人







パソナキャリア 無料転職相談はこちら







http://pasonacareer.jp/














リクナビNEXT







リクナビNEXTは転職者向け専用サイト・どんな転職求人があるのか調べてみたい方へおすすめ




職務経歴書作成・企業からの直接オファーがもらえるなど無料登録で使えるサービスが豊富







リクナビNEXT・無料登録はこちら






https://next.rikunabi.com/








転職の相談ならリクルートエージェントがおすすめ・キャリアアドバイザーが全面サポート








リクルートエージェント 無料転職相談はこちら


































































































一般事務 転職相談

【就活のための基礎】内々定というのは、新規学卒者の選考等に関わる企業と企業の倫理憲章に、正式な内定日はどんなに早くても10月1日以降とすると決められているので、まずは内々定という形式にしている。
今の職場よりもっと年収や労働待遇がより優れている会社があったとして、諸君も転職することを望んでいるのであれば決断してみることも重要なのです。
やはり企業の人事担当者は応募者の隠されたコンピテンシーを選考などで読み取って、「企業に有用で、活躍できそうな人物かどうか」、真剣に確認しようとしていると感じています。
【就職活動の知識】人材紹介会社や職業紹介会社は、本来、就職していて転職希望の人が使うところなので、企業で実務に働いた経験が少なくとも2〜3年程度はないと対象にもされません。
【ポイント】例えば、事務とは無関係な運送の仕事の面接の場合難しい簿記1級の資格を持っていることをアピールしても評価されません。逆に事務の人のときには、高い能力がある人材として期待してもらえる。
「希望の会社に相対して、あなたそのものという働き手をどのくらい見事で将来性のあるように提案できるか」といった力を向上させろ、ということが近道なのである。
どうにか就職の準備段階から面接の段階まで長いプロセスを踏んで内定の連絡を貰うまで行きついたのに、内々定の連絡後の処置を誤認しては振り出しに戻ってしまう。
面接というのは数多くの面接の手法が取り入れられているので今からは、個人面接、集団での(複数の応募者が参加するもの)、さらに最近増えているグループ討論などを特に詳細に説明ですからぜひ参考にしていただきたい。
現時点では希望の企業ではないのでしょうが、いま求人中のこれとは別の企業と秤にかけてみてちょっとだけでも良い点だと思う部分はどのような所にあるのかを追及してみて下さい。
【ポイント】絶対にこんなふうに仕事がやりたいという具体的なものもないし、あんなのもこんなのもと混乱して、大事な時に実は自分が何をしたいのか面接の際に話せない場合がある。
確かに、就職活動を始めたばかりのときは「採用を目指すぞ!」と思っていたのだが、何度も不採用が続いて、こうなってくるとすっかり会社の説明会に行く事すら恐ろしく感じているのが本当のところです。
外資で労働する人は既に珍しくない。外資系の会社と言うと、今までは中途採用の即戦力となる人を採用するという連想があったが、今頃では新卒学生の入社に積極的な外資系企業もめざましい。
【就活のための基礎】面接試験のときは、採用担当者が受けに来た人がどんな人なのかを観察する場ですので、準備した文章を上手に読むことが求められているのではなく、一生懸命に語ることが大切なのだ。
【対策】面接選考ではいったいどこが悪かったのかという部分を教える親切な企業は一般的にはないので、自分自身で直すべき点をチェックするのは難しい。
中途で仕事に就きたいならば派遣の仕事でもアルバイトでもいいので「職歴」を蓄えて、中小の会社をめがけて就職のための面接を行うというのが主流の逃げ道なのです。